台湾を中心としたインフルエンサーマネジメント及び中華圏をターゲットとした動画マーケティングサービスを提供するカプセルジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 埴渕修世)は、当社専属クリエイター三原慧悟が開設したYouTubeチャンネル登録者数が100万人を突破したことをご報告致します。

三原慧悟は、都内テレビ局社員時代に「台湾でアイドルになる!」と決意し、台湾に向けて動画制作を開始。 その後台湾に拠点を移し、主に日本の文化や言語を題材とした企画や、台湾にまつわるオリジナル楽曲を発表し、今では台湾で最も有名な日本人YouTuberの地位を築いております。

この度、三原慧悟が2016年6月1日より開設し、現在ではJUNちゃん、TOMMYを加えた3人で活動を行っているYouTubeチャンネル「三原JAPAN Sanyuan_JAPAN」の登録者数が100万人を突破致しました(台湾を拠点に活動する外国人YouTuberとして初)。日本の五分の一以下の人口となる台湾において、実に23人に1人が登録している割合になります。

これまで三原慧悟は、オリジナル動画の制作の傍ら、台湾での絶大な影響力を武器に、多くのグローバル企業、地方自治体などの動画PR案件にも取り組んで参りました。
また、精力的に発表を続けるオリジナル楽曲の中でも、台湾で最もポピュラーなドリンク「タピオカミルクティー」を題材にした「珍珠奶茶之歌」は、台湾の大手ドリンクチェーン「50嵐」のタピオカミルクティーを題材とし、現在までに200万近くの再生回数を誇っています。

昨年11月に行われた3000人近くの来場者数を記録した自身のライブでは、代表曲「珍珠奶茶之歌」にちなみ、600リットルを超す世界一大きなタピオカミルクティーのギネス記録に挑戦し見事達成。そして先日、これらの功績が認められ、「50嵐」の海外ブランド「KOI」より、タピオカミルティーを広く世界に普及させたとして感謝状とプレゼントが贈られました。

今回の登録者数100万人達成について三原慧悟は、「100万人なんて無理だと思っていた」と開設当時を思い返すと同時に、今の心境を「ホッとした」と吐露しています。

彼の長年の夢は台北アリーナの会場をファンで埋め尽くすこと。
「三原の成功を目にすることが僕達の目標」と語るJUNちゃんとTOMMYという良きパートナーと共に、三原慧悟はこれからも夢の実現のために走り続けます。

●三原JAPAN Sanyuan_JAPAN YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCCBq7s8VOCyek275uvq5lYQ
●チャンネル登録者数100万人達成までの道程
https://youtu.be/25KkDllRA8g

CAPSULE
CAPSULE.
努力成長中的小編
如果有想詢問的任何事或想看的主題,都可以到粉絲專頁留言喔!
請按這裡(←)